医院での取り組み
 
2018
Society,Workshop
神戸市中央区歯科医師会 会員セミナー
2018 10.13 中央区歯科医師会事務所
こんにちは、院長の山下です。
本日は僕の所属する歯科医師会で講習会があり出席とういか受付係でした。
2025年の超高齢化社会に向けて訪問診療は重要なテーマです。
通常の診療と比べて様々な制約があるなかでいかに患者さんと向き合って治療を行えるか、、という内容でとても勉強になりました。
そんなに件数は多くないですが当院でも訪問診療は行っておりますので、通院困難な患者さんはご連絡下さいね。

日本口腔インプラント学会 専門医セミナー
2018 10月7、8日  新大阪丸ビル別館
こんにちは 院長の山下です。
先週の日曜、月曜の連休を利用してインプラント学会のセミナーを受講してきました。半年以上のコースでしたがとうとう終了しました。
色々と大変でしたがとても有意義で学ぶことの大切さ、楽しさを実感できた7カ月でしたね。
ゆくゆく仕事をリタイヤする時が来ると思いますが、何歳になっても好奇心をもって何かを得ようと勉強すればきっと充実した日々が送れるのでは、、、と思っています。
そんなことを考えた週末でした!
日本口腔インプラント学会 専門医セミナー
2018 9月23,24日  新大阪丸ビル 別館
こんにちは 院長の山下です。
先週の日、月曜日の連休は僕の所属する日本口腔インプラント学会の専門医セミナーが開催され参加してきました。
今回のトピックスは歯科業界のデジタル化及びインプラントをベースにした全顎的な治療でした。インプラント治療は大変素晴らしい治療方法ですがリスクも当然あります。それに対してCTを始めとするデジタルソリューションを利用することによってリスクを回避しドクター及び患者さん双方に有益な結果を生じることができます。当院でも可能な限りデジタル化に移行し患者さんの治療時間の短縮や不快感の軽減が出来れば幸いです。
院内セミナー Braun Oral-B
院内研修室
今回はブラウンオーラルBの山田さんのよる電動歯ブラシについてのお話をスタッフ全員でお聞きしました。最近の電動歯ブラシって凄いですよ。
アプリと連動してセンサーで磨き残しなどをチェックしさらにブラッシング圧まで分かります。驚きました。また企業の方もしっかりと説明をして下さり、僕達現場の人間と開発者との距離もとても近くになってきていると実感しました。
このようないい知識は患者さんにも上手く伝えたいですね。
笑気吸入鎮静法マスターセミナー
2018 9月16日 お茶ノ水 Ciメディカル東京セミナールーム
前述しましたインプラント学会終了後、大阪から東京へ向かい参加したのが今回の『笑気吸入鎮静法マスターセミナー』です。
当院では今年から笑気ガスを使用した鎮静法を行っています。
とても安全で素晴らしい方法なのですが通常の歯科医院ではまだまだ取り扱っていない医院が多く、僕も関西では勉強する場が無かった為東京のお茶ノ水まで行ってきました。
これからはもっと患者さんに説明をして治療のオプションとして活躍出来そうです☆
日本口腔インプラント学会学術大会
2018 9月 14.15.16日  大阪国際会議場
先週末の3日間大阪の大阪国際会議場で日本口腔インプラント学会学術大会が開催されました。日本における一番大きな学術学会です。
テーマは『超高齢化社会への責任』とし様々な角度から今現場で何が起こっているのか?何が求められているのか?等々をベースにした企画公演やシンポジウムが行われました。多くの知人や先輩にもお逢いして沢山の刺激を受けた3日間でした!
日本口腔インプラント学会  専門医
2018 8月 浜松 アクトシティー  
こんにちは、もう夏も終わりですね、、まだまだ暑いですが (>_<)
先日の8月最後の週末は浜松にインプラントの勉強会に行ってきました。
一番の目的は僕と同郷(奈良県)出身の日本のインプラント治療のゴットハンドと呼ばれる堀内先生のライブオペの見学及び参加でした。
様々な学び方やフィロソフィーがあると思いますがやはり実際にその場で治療に参加する以上の経験は無いと思いました。
一歩一歩歩みを止めないで成長したい!
 浜松は楽しかったですね、また行こうかな
みなと神戸花火大会
2018 夏 第一突堤
今年も大勢でみなと神戸花火大会に行ってきました!
このような形でクリニックとして観に行くのは何回目くらいかな?
開業当初はあまり神戸のことを知らなかったので仕事しながら花火の音を聞いていたのを思い出します。
今回も当院を退職したスタッフが子供を連れて参加したり、友人のドクターが沢山会場にいたりして楽しく過ごせました  (^-^)
    もう夏もあと半分!  いい夏にしたいね  ☆
予防歯科協会講演会
2018 7月 神戸ポートアイランドセンター 大会議場
7月はセミナーが6日間ありまして本日が最終の勉強会です。
今月はインプラント系が4日間、会員発表系が1日、そして今回の予防セミナーです。
予防歯科と言われる定期健診またはメインテナンス等々呼び名は色々ですが困ったことや痛みを取る為にデンタルクリニックにいくのではなく健康を維持する為に通院する患者さんは以前と比べて当然日本でも増加していることは事実です。
しかしまだまだ欧米諸国と比べると大変低い水準です。
その予防歯科の受診率を上げるためには、患者さんが通院がストレスになってはいけない。その為に通院間隔等はいい加減なさじ加減で構わない、、、と。
ビックリしましたが段々と話に引き込まれていき納得して帰ってきました。

 治療はどうしてもドクターやクリニック主導になりがちですが、メインテナンスはもっと患者さんに自由にしてもらおうと思っています!!

新しいインプラント治療への展望と世界の潮流
2018 7月 デンタルルネッサンスインスティテュート研修室
今回は大阪の高石市まで足を運びセミナーを受講してきました。
招待されたドクターのみの限定セミナーだったのですが先輩に招待して頂き僕も参加できることになりました。
一般のオープンセミナーとことなり内容もとても刺激的で今年の夏の暑さも気にならない程でしたよ ☆ ☆
ドイツから招聘されたゼニア先生がジョージクルーニーそっくりでカッコよくて驚きましたがその治療内容も素晴らしく世界の潮流を知り、また僕たちが目指している方向性が正しいと再確認できたのが嬉しかった。
明日は神戸で予防歯科のセミナー予定です。
予防歯科から一般治療、インプラント等のオペ、歯周病や虫歯に対する定期健診と大きな枠組みでクリニックのレベルアップを目指したいですね。。
日本口腔インプラント学会
2018 7月 シロナ大阪
こんにちは、院長の山下です。
今回はインプラント治療におけるサージカルガイドについての講義と実習でした。
当院でも多くの患者さんに行っている治療ですが今回はもっと深く学び、より患者さんに有益な治療方法としてフィードバックできたら、、と思っています。
歯科のジャンルにおいてもCTやスキャナーなどのデジタルコンテンツと並んでサージカルガイドは新しい分野です。
これからもしっかり勉強してより良い治療をしていきたい  (^-^)

第四回 研修旅行
2018 6月14日~18日
こんにちは、院長の山下です。
今年は5年振りにグアム島へ研修旅行に行ってきました。
前回とはスタッフのメンツも大きく変わり時間の流れを感じます。
全員、無事故無違反で帰国できて良かった。
また日々の診療に精進します  (^-^)
日本口腔インプラント学会
2018 6月 新大阪丸ビル 別館
こんにちは、院長の山下です。
先日、週末を利用して僕が所属する日本口腔インプラント学会の専門医セミナーに参加してきました。
今回は土曜日は座学、日曜日は豚を使用した実習でした。因みに豚さんは今年で3匹目かな?
 歯科大を卒業して歯科医師になってから一体何匹の豚さんのお世話になったのか、、、年に2匹として16年で20から30匹くらいでしょうか?
 いつもいつも豚さんには本当に感謝しています(^-^)

 ところで豚を数えるのは匹?頭?知ってますか???
 馬は頭?牛も頭?犬は匹?
 
 実は人が抱きかかえることができる動物は匹、できない大きな動物は頭と数えるそうです。
 曖昧で不思議ですよね~~  誰が決めたんやろ、、、
歯科医院新人スタッフ研修
5月17日:新大阪ブリックビル
歯科医院新人スタッフ研修のセミナーを受講して、歯科界の現状、仕事観の向上、プロであることを主に学びました。
歯医者は、コンビニより数が多く約6.9万件あります。そのため、他院との競争化が激しくなり、差別化が求められることになってくると考えました。例えば、季節に合わせてイベントをすることです。春(バレンタインデーに虫歯にならないチョコを渡す)、夏(笹を飾って短冊にお願い事を書いて吊るしてもらう)、秋(ハロウィンにちなんでコスチュームを着てくれた子にはプレゼントをあげる)、冬(クリスマスにちなんで院長がサンタの帽子をかぶる)など幼い子向けではありますが、喜ばれるうえに「怖くて行きたくない」から「また行きたい」と思わせる効果があると思います。それを見たご家族の方にも良い印象を与えます。
来てくださっている患者様に、もっとよりよい提供ができるように、日々進歩していきます!
初級歯科助手講座
5月20日: 兵庫県保険医協会会議室
こんにちは!スタッフの松岡と神野です。
この度参加させていただいたセミナーでは、歯科医院で働く上で、知っておくべき基礎中の基礎を学びました。私は歯科衛生士学校で学んできたことでしたので、改めて復習し大切なポイントを再確認することができました。
う蝕・歯周疾患・歯冠補綴・外科などの治療はもちろんのこと、守秘義務や身だしなみ・チームワークの大切さなど医療人としての心構えも再確認しました。それらを意識し、清潔感があり患者さんへ安心感を与えることができるようなスタッフを目指していきたいと思います。
私は普段受付業務を任されることはありませんが、医療保険や保険証のことも知っておかなければいけないなと感じました。兵庫県民だけや、神戸市民だけが適用されているものもあるので、しっかり確認することが大事だと思いました。
今回のセミナーでも、患者接遇とコミュニケーションの大切さや方法をたくさん学んだので、今までのセミナーで学んだことと合わせて、実際の業務の中で実践していけたらと思います。

インプラントと義歯について
2018 5月  アルタデント社 本社 研修室
こんにちは、院長の山下です。
本日の日曜日は僕が使用しているドイツのトップメーカーであるカムログ社が開催した『インプラントオーバーデンチャ―の課題を解決するセミナー』に参加してきました。
僕がインプラントに注力する理由はその変化の大きさに患者さんが喜んで頂けることが一番ですが、外科的な処置が必要であり、また保険外治療でもありますので全ての患者さんに最適な治療方法では当然ありません。
よって部分義歯(入れ歯)の治療を行うことも多々あります。
今回のセミナーはインプラントと義歯のそれぞれの利点を生かした治療計画も含めて様々なことを学んできました。
また明日からの臨床にフィードバックしていきたいです
日本口腔インプラント学会認定セミナー
2018 5月 新大阪ビジネスセンタービル
こんにちは、院長の山下です。
先週の週末二日間にインプラントのセミナーに参加してきました。
今回のセミナーは大変興味深く有意義なものになりました。

 というのも今回はオペの手技は勿論ですが顔面の骨、神経、筋肉を頭骸骨を使用して学び直すというものでした。
 また笑気ガスやオペへの準備等々、学生時代を思い出すことも多かったです。 それがとても嬉しかった。

 今月号のプレジデントという雑誌の中で欧米の企業はある一定の成果を上げた社員に一年間の休暇を与えるそうです。てっきり長期バカンスかな?さすが欧米流!!と思っていたらそうでなく、希望する大学で学び直すそうです。
 ビックリしました、、、さらにそのような取り組みが日本の楽天やソフトバンクなどの成長を遂げている企業も導入していると。。。。
 まさに『如何に自分自身が知らない間に狭い境遇で生きているか!視野がせまくまっているか!』を痛感していたこの頃でしたので、この学び直すことがとても快感でした!
 しかしわざわざ大学で一年間学び直すのは、、、流石に、、しんどい、、、
接遇マナーセミナー

こんにちは!神野と松岡です。
患者接遇の基本のセミナーを聞いて、今年から社会人として働く私にとって、とても勉強になりました。また、このセミナーをしてくださった水原先生は、過去に医療の事務で働いており、医療ならではよ接遇を、経験とともに教えてくださりました。
 接遇には、明るさ・控えめ・優しさが必要になります。そのためには、まずあいさつから始まります。笑顔で明るく自分からすることが大事です。
 また、電話の対応として、迅速さ・正確さ・明快さが大事になってきます。だから、分からないことは分かる人にすぐ変わったり、電話越しだと表情が分からないから声や言葉で表現したりします。
 私たちは、このセミナーに参加して、社会人として、医療で働くスタッフとして、とてもいい機会であり感慨深いものでした。医療は、医師の技術が患者様を増やすと思っていましたが、スタッフの対応、心遣いがともに患者を増やすことに大きく影響すると学びました。まだ、仕事に慣れない私たちにとっては、まず身だしなみから整え、笑顔で明るく対応することを心がけるようにしようと思います。。患者様を観察し、状況・行動を良く見て声をかけることができるようになっていきたいと思います。また、医療は安心と信頼が大切と学びました。「待たずに、早く治って、安くて、大切にしてくれる」ところが、患者は集まると聞いたので、状況を把握することもこれから身につけていきたいです。以上のことを身につけるには、その日によって変わる対応ではなく、毎日いつでも同じ良い対応と学ぶ姿勢を意識することが大切だと思いました。

オランダ研修
2018 4月  オランダ ロッテルダム
先週から昨日までオランダ ロッテルダムで開催されていたカムログインプラント主催のORAL RECONSTRUCTION GLOBAL SYMPOSIUM 2018 に参加してきました。
よく医療の分野では『欧州やアメリカに比べて日本を含むアジア圏は遅れている、、数年または10年くらいのタイムラグを経て新しい治療法や考えが導入されるよ!』と先輩ドクターから聞かされてきました。
日本独自の皆保険制度は素晴らしい制度で世界に誇れるものだとは思っていますが、新しい治療方法へのアプローチはどうしても保守的になるのかな~と僕は考えていましたが、実際ヨーロッパの学会へ足を運んでみるとそれ以上に原因がある、、と実感しました。
それはシンプルに 近い、、、、ということです。
国と国、街と街、言葉の壁、食事、遊び、人と人などなど、、全てが近くに感じました。これはユーロ圏になったからかもしれませんが、今回もロッテルダムからアムステルダムに行くつもりで駅に行くと反対車線ですぐにベルギーに行けると知り急遽、ベルギーのブリュッセルへ行きました。あっと言う間に。
英語で通じ、学校もある程度自由に選択できればそれはすぐにいいものは他国から吸収できそうです。
雑誌やメディアにはよくインターネットで世界が狭くなった、と目にしますが、列車に乗るだけでそのことを肌で感じた日々だった。
インプラントの勉強も楽しかったけれどそれ以上に心を動かされた学会でしたね
周術期口腔機能管理について
4月18日 中央区歯科医師会事務所
本日は今年度の第1回目の中央区歯科医師会セミナーに参加しました。
今回のテーマは『周術期における歯科医師の役割』でした。
高齢化社会に向けて医科歯科連携の重要度が強調されて久しいですが、その専門的視点に立って
①手術と全身麻酔の実際
②周術期口腔機能管理について
③周術期粘膜障害について
等のレクチャーをうけてきました。
オーラルフレイルなどの専門的な用語もメディア等々で紹介され、今後益々歯科医師の存在意義が明確になってくると思います。
その時に少しでも役に立てる人でありたいです。
日本口腔インプラント学会
2018 3月  新大阪丸ビル別館 1F
先日僕の所属する日本口腔インプラント学会のセミナーが週末の土、日曜日に開催されましたので参加してきました。
今回のセミナーで興味深かったのは歯科業界だけでなく他業種も含めた今後10年、20年の展望の話でした。
 IT及びAIの爆発的な進歩により人間を仕事をAIが担っていくのはよく聞く話ですが、
2015年12月に野村総合研究所が、あくまで技術的な代替可能性としながらも、10年から20年後に、今、日本で働いている人の約半数の49%の職業が、機械や人工知能によって代替することが可能だとする分析結果を発表しました。これは、野村総合研究所とオックスフォード大学のオズボーン准教授らとの共同研究によるものです。職業の数は2012年3月に独立行政法人労働政策研究・研修機構から出された「労働政策研究報告書職務構造に関する研究 ―職業の数値解析と職業移動からの検討―」に基づいて601種類で、それぞれについて、技術の進歩によって将来、機械や人工知能が代替できる確率を計算しました。
 オズボーン準教授と言えば、2014年に『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』という論文を発表し、米国労働省が定めた702の職業をクリエイティビティ、社会性、知覚、細かい動きといった項目ごとに分析し、10年後の消滅率を仔細に試算したことで有名です。その論文では、702の職業のうち47%が、10〜20年後には機械によって代わられるとしていましたが、今回の49%はそれと非常に近い数値になっています。オズボーン准教授の先の研究では、前述のようにアメリカでは労働人口の47%、イギリスでは35%が、現在の仕事が機械に取って代わられる可能性が高いとしています。
 日本とアメリカが、イギリスよりも高い原因をについて野村総合研究所は、「ホワイトカラーの労働生産性の低さ」と「AIやロボットで代替できる仕事をしている人が多い」ことを挙げています。
 ところで、このようなロボット・AIが将来、人間の仕事を奪うという話はよく話題になります。それらは、どちらかというと人間の将来への悲観的な見方で議論されることが多いように思います。マスコミの中にも「奪われる」といった表現で報道していることもあります。
  今回のセミナーは「将来の人手不足をテクノロジーで解決する可能性を示したもの」「将来、人は創造性やコミュニケーションがより求められる仕事を担うようになる」と、むしろ人とロボット・AIとの共存の可能性を示したものという捉え方をしていました。
 歯科医師はまだAIに代わられることはなさそうですが、このような話はできるだけキャッチアップして時流を読んで日々を送りたいですね!!

医療管理 学術講演
2018 1 20   中央区歯科医師会事務所
本日は『臨床医に役立つモニタリングと救急処置』及び『在宅患者の救急時の対応』という演題のセミナーでした。
 インプラントや様々なオペを行っていますと偶発症や感染症への対策は欠かせませんし、万が一の医療事故への配慮も必須です。
 それらに対しての勉強はずっと終わりなく学んでいくべきだと考えています。
 
 
2017
Society,Workshop
矯正セミナー
2017.12.16  芦屋市民ホール
本日は所属しているスタディーグループで韓国から先生を招聘し、矯正セミナーを開催し参加してきました。
最近のトレンドであるマウスピースタイプの矯正装置と舌側ワイヤーを併用した画期的な矯正装置でした。
部分的な矯正ですが、三か月で移動が完了し、歯肉の退縮も少なく、一般歯科医院に導入するのにはベストではないかと思っています。
また実際の症例はアップしていきたいですね!
ナイトセミナー
2017.12.8  兵庫県歯科医師会館 2F
今日は夜の7時30分と遅い時間より口腔外科の勉強会に参加してきました。
講師の先生は神戸大学医学部口腔外科の長谷川先生。
  演題は『抜歯における偶発症について』
近年、CTが普及し以前よりも抜歯時における偶発症は少なくなっている感はありますが、日常ではまだまだ確率が高い部類に入りますのでしっかりと学び、万が一に備えたいと思います!
会員発表!
神戸市中央区歯科医師会館
こんにちは、院長の山下です。
すっかり冬ですね、、、今朝はビックリするくらい寒かった~

先日、僕の所属する神戸市中央区歯科医師会にて『訪問診療及び介護保険について』の発表を行ってきました。
60人以上の歯科医師の諸先輩方を目の前にし大変緊張しました、、、、

 少しでも僕の発表が他の先生達の日々の臨床に役に立ち、それが患者さんにフィードバック出来れば嬉しいな
RAI総会
H29.10.28 芦屋市民センター
先週の土曜日に院長・スタッフ一同で「RAIセミナー」に参加してきました。
今回のセミナー内容は各医院の発表会ということで新人教育、院内美化、医院内で取り組んでいること、
予防についてなど様々なテーマについて発表されていました。
みなさん自分たちの医院をより良いものにするためにいろんな工夫をされていて
参考にしたいなと思うことが沢山ありとても勉強になる時間を過ごせました。


症例発表
芦屋市 ホテル竹園
院長の山下です。
今年も所属しているスタディーグループ恒例の症例発表を行いました。
毎年、年末が僕の順番でしたが今年は少し早く出番が来ましたね(^-^)
今年はインプラントにおける前歯の治療方法について発表しました。
やはり自分が行うといかに
 インプットだけでは駄目、アウトプットが大切だな、、、
と常々感じます。
これからもどんどんアウトプットしていこう~~~

インプラントセミナー
東京 千代田区
院長の山下です。
先日の週末の連休に東京へセミナーに参加してきました。
もう10年ほど前になりますが、僕が東海岸のボストンへ学会に参加した際に、
インプラントに必要な骨造成のスペシャルハンズオンセミナーがあり、その時に色々と親切に指導して頂いた船登先生(今は日本を代表する臨床家です!)と数年前からガイドを使用するインプラント治療を教えて頂いている皆川先生のインプラントバトルと題した勉強会でした。
目まぐるしく変化し進歩するマテリアルへの対応や永遠に変わることのない歯科医師としての矜持を改めて再認識しました。
年に数回ですが東京へ勉強に行くと本当に様々な刺激を受けるので楽しいですね☆
より安全に よりスピーディーなインプラント治療を目指して
大阪 梅田 コンベンションルーム
昨日、大阪の梅田で開催されましたインプラントのセミナーに参加してきました。
テーマは『より安全に よりスピーディーにインプラント治療を目指す 』

僕が歯科医師になって16年が経ちますがその間のマテリアルの進歩は本当に目覚ましく、特にインプラント関連においては一年くらいのスパンで新しいエビデンスや治療方法が提唱されています。
勿論その全てが実際の患者さんに有益になるわけではないですが、常に情報を得て時流に置いて行かれないようにすることが大切だと思っています。

 気が付くともう夏も終わりですね。
 また来年もいい夏にしたい!
院内セミナー POs-CaF
院内
株式会社モリタの衛生士の木村様にお越し頂きまして、院内セミナーを開催しました。

『POs-CaF』というチューイングガムについてお話をお伺いしました。
噛むたびにカルシウムとフッ素イオンがお口に広がる歯科専用ガムで、
虫歯予防、再石灰化を促進します。
日々の歯ブラシと共にセルフケアとして是非取り入れてみてください。

プライベートセミナー
2017 7月1日 アルタデント本社研修室
院長の山下です。
先日、ドイツのシェアNO、1メーカーであるカムログインプラントの学術責任者であるアルフォンス キ―ナ先生が来日された際に開催されたプライベートセミナーに参加させて頂きました。
世界基準の治療、プレゼン、さらに少人数であった為、大変充実した勉強会になりました。
これからも臨床に真摯に向き合っっていきたいですね
RAI総会
2017 7月8日  芦屋市民ホール
先週の土曜日に僕が先輩達と行っている勉強会の総会にスタッフ全員で参加してきました。
今回の講師の先生は歯科衛生士でありまたカリスマTC(トリートメントコ―ディネ―タ―)でもある鈴木誓子さんを講師に招聘し行いました。
歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付と様々な角度から見る歯科治療や医院運営の改善点や患者さんからの要望などを受け止めて想いを形にするTCという仕事を改めて素晴らしいな、、と思いました。
当院でもしっかり講習を受け、立派なTCを育てていきたいですね~
OSTEOLOGY JAPAN
tokyo sola city Conference Center
院長の山下です。
今月の初めに東京で長年行きたかった学会が東京で開催されることになり、喜んで参加してきました。
オステオロジ―とは骨学という意味なのですが、一見、歯科とは離れた分野のように感じますが歯科において骨はとても重要な意味をなしています。
歯を支えているのは歯茎(歯肉)ではなく骨(歯槽骨)であり、総入れ歯(義歯)が落ちてこないのも骨の膨らみがあってこそなんですね。
当然、インプラントも骨がないと成功しません。
今回は初の日本開催であり、著名な先生が多くスピーカーとして参加されており、実りのある素晴らしい学会でした
モリタDHフォーラム2017
In大阪
こんにちは、つい先日歯科材料などを取り扱う モリタ主催のDHフォーラム 2017 in大阪というセミナーに行って来ました。
こちらのセミナーは梅田のウェスティンホテルにて開催され店員250人と規模も大きいものになります。今回で10周年ということでスペシャルゲストとしてざわちんさんが来られて、医療従事者としてのメイクレッスンなど講演してくださいました。もちろん、前半には歯科衛生士にとって重要な歯周治療に対する講演や後半には筋機能からアプローチする歯科治療についてなど面白い講演も聞けました。最後は医院としても活用できるような患者様に対するセルフケア処方についても学べました。
ランチビュッフェやデザートビュッフェも途中であるので、楽しく充実したセミナーになりました。今後のスキルアップに繋がるように医院としても良いところは取り込んでいこうと思います。


初級歯科助手講座
兵庫県保険医協会/農業会館
歯科助手の研修に参加してきました。

今回は「歯と口腔の基礎知識・診療の流れ」「受付業務・レセプトの流れ」などを教わりました。
働き初めて1ヶ月程ですが、今まで医院で教えて頂いた歯科用語・基礎知識なども復習になり、とても勉強になりました!
最後のコミュニケーション講座では、姫路から来られているスタッフの方など他院の方とお話ができ、『挨拶の大切さ』『笑顔』の大切さを改めて教わりました。
明日からも『笑顔』『挨拶』を忘れず頑張ります(*^_^*)

歯科医院新人スタッフ研修
歯科医院地域一番実践会 / 大阪クリスタルタワー
今回、大阪で行われた歯科医院新人スタッフ研修に行ってきました。
経営戦略研究所・歯科医院地域一番実践会の萩原 直樹様、岡本 雅史様よりお話をお伺いしてきました。
社会に出て、歯科業界で勤めだして1ヶ月程がたち、分からないこと、覚える事の多さに日々悶々としながら「お金の為」「生活の為」と過ごしていました。
そんな中のセミナーで『何のために仕事をするのか』『仕事を通じて自らを高めていく大切さ』などのあり方を教わり、仕事に対する姿勢を見直す良いきっかけになりました。
この新人スタッフ研修で学んだことを頭において、これからの仕事に励んで行きたいと思います!
まだまだ未熟ですが頑張ります!!

院内セミナー

さて先日に引き続き、院内での勉強会に、グラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社の中久保さんを講師にお招きし、カムテクトという歯磨き粉の特性についてお教えいただきました。
カムテクトは歯周病予防に特化した、汚れをしっかり落としてくれる歯磨き粉で、他の歯磨き粉と比べて届きにくい汚れをしっかりと落としてくれます。
歯茎からの出血が気になる方におすすめです。
お口に含むだけでも歯磨き粉に含まれる重曹の成分が汚れの除去に効果があるので、歯磨きが苦手な方にもおすすめできるそうです(^^)
今まで教わった歯磨き粉の種類や効能を、患者様にしっかりお伝えできればと思いますので、気になることがあればお気軽にお声がけください。

今月の院内勉強会
 院内研修室
今月の院内勉強会は先月に引き続きグラクソ・スミスクライン社の中久保さんを講師にお招きして行いました。
もう数回講師をして頂いており、大変感謝しています。
テーマは『酸蝕症』です
黒酢やフルーツビネガー、炭酸飲料水に至るまで日々口にする多くの物が意外と危険性を持っていることにスタッフ一同驚きました。
明日からまた患者さんにお伝えしていこうと思います。
2025年問題に向けて 介護職員口腔ケア研修会
 歯科医師会事務所
昨日、介護職員口腔ケア研修会に参加してきました。
インプラントやセラミックスの治療は華やかですが、現実には2025年問題を抱える日本にとってこのような高齢者に対する医療が切実な問題であると認識しています。

 2025年問題とは

約800万人と言われる団塊の世代(1947~49年生まれ)が前期高齢者(65~74 歳)に到達するのが2015年、そして、75歳(後期高齢者)を迎えるのが2025年です。2025年問題とは、団塊の世代が2025年までに後期高齢者に達することで、介護・医療費ななどの社会保障費の急増が懸念されるという問題です。

訪問治療は月に1,2回程度ですが高齢者治療の将来を見据えたとても良い研修会でした。
今月の院内勉強会
院内研修室
今月の院内勉強会は先月に引き続きグラクソ・スミスクライン社の中久保さんを講師にお招きして行いました。
テーマは『知覚過敏』です。
現代の3人に1人は罹患しており、実際によく患者さんからも相談を受けますね原因、対処法、薬剤等々とても勉強になりました。
インプラント及び審美歯科のセミナー
大阪 グランフロント ナレッジキャピタル
先日、イタリアから著名な歯科医師であるDrロイが来日され記念のセミナーがありましたので出席してきました。
また日々の診療にもフィードバックできれば、、、と思います。
またグランフロントのナレッジキャピタルにおいて様々な情熱を持った他業種の方々の新たな取り組みを知り、とても刺激を受けました。
僕たちも頑張らないとな!!
 
 
2015
Society,Workshop
RAI総会
2015 10月 大阪第四ビル
本日はスタッフ全員参加で僕の所属しているスタディーグループの総会に出席しました。
 
 
2014
Society,Workshop
スタッフ研修旅行
2014 9月 アメリカ合衆国 サンフランシスコ
今回のスタッフ研修旅行はなんとサンフランシスコ!
皆でアメリカ歯周病学会(AAP学会)に参加してきました。
100周年記念という節目ということで豪華なスピーカー陣、さらに僕が開業前に勤務していたりゅうぼく歯科の鳥潟先生が症例発表することで、今回の参加を決めました。
とても充実した一週間でした。
準備や用意は大変でしたが参加して良かったです。
 
 
医療機器について
医療機器について
MEDICAL DEVICE
見えないところでの安全性を徹底!
医療機器等の滅菌処理。
 
社会貢献
社会貢献
One Push for One Vaccine
海岸通デンタルクリニックが行っている
社会貢献活動の1つです。
 
安全への取り組み
安全への取り組み
Commitment to safety
当院は、緊急時の対応及び
感染症の対策を行っております
海岸通デンタルクリニック